この本を読もう‥人生が変わるおススメビジネス書を紹介。

2013/02/12

簡単に読めるものだけを厳選しました。古い本もありますが良書ですのでぜひ読んで下さい。(牧野真)
※良い本はまだまだたくさんあります。機会を見て紹介していきます。
本の詳細は、本の表紙画像タイトルをクリック!
(「詳しくはこちら」からも詳細ページが見れます)
本の表紙画像が見えない方は、ブラウザのバージョンを最新のものにアップデートしてください。

この混迷の時代に、経営者とってこの本は必読本ではないでしょうか?「日本は経済競争で負けた」のです。 ※詳しくはこちらへ⇒現実を視よ  
 乳がんと戦った女性ジャーナリストのNYでの日常が書いてある。凛と生きるとはこういうことだと思う。私は何度も読み返しています。 ※詳しくはこちらへ⇒ニューヨークの24時間 (文春文庫)
 著者は中谷彰宏氏。まえがき『会社を作ることはドキドキする』」が印象的。女性の独立・起業志望者に特にオススメ。この本で紹介されたトレンダーズは遂に上場しましたね。 ※詳しくはこちらへ⇒転職先はわたしの会社 (SANCTUARY BOOKS)
 毎月10万ほど複業で稼いでいる無店舗(ネット)古本屋の開業と運営ノウハウ満載。表紙がかわいい。著者の芳賀さんは本当に本を愛されている方。(御本人からご返事頂きました。感謝!)発行はやや古いですが、ビジネスで成功する本質が学べます。 ※詳しくはこちらへ⇒インターネットで古本屋さんやろうよ!
 著者は有名なイラストレーターの山崎拓巳さん。現代版成功法則が分かりやすい書かれています。「すごいことはあっさり起きていい」は至言です。読んでいるとイラストのせいか気分が軽くなるのがいい。。※著者の山崎さんとは対談させてもらいました。その節はお世話になります。人生に悩んだ時に、読んでみるといいですよ。 ※詳しくはこちらへ⇒人生はかなりピクニック
 チャンスは目の前にあるのに気付かないことが多いことが分かる。「試してみることに失敗はない」は多くの人に元気を与える。 ※詳しくはこちらへ⇒仕事は楽しいかね?
 米国の若い起業家達の起業方法や考え方等が気軽に学べます。「会社をつくるのは本当に楽しい」ことがビンビン伝わってくる。こんな本は日本に少ない。 ※詳しくはこちらへ⇒GET STARTED!―彼らが自分の会社を始めた理由
 アルケミストとは「錬金術師」のこと。夢を旅する少年がどうやって、お金持ちになっていくか、小説を読む内に分かってきます。薄いですが内容がとても深い本です。本書のファンは多いですね。※文庫です。 ※詳しくはこちらへ⇒アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
 50歳を超えたらぜひ読んでおきたい。人生観が変わります。 ※詳しくはこちらへ⇒坂の上の坂
 「好きなこと」を「仕事」にする方法の紹介。元気がでます。不得意なこと、やりたくないことに早く見切りを付けよう! ※詳しくはこちらへ⇒「これだ!」と思える仕事に出会うには