3.情報起業家(インフォプレナー)とは?

 

■情報起業の始め方

◎ 「自分が何ができるか」 まずそこから考えよう

サラリーマンは今の仕事を深堀りして下さい。
主婦の方は、日常的な不便を解消できないか、考えてください。
高齢者の方は、経験豊富な知識が役に立たないか、検討しましょう。
勿論、趣味や好きなことも「専門情報」になります。

あなたが困っていることは、他人も困っています。
お客が困っている問題を解決する方法(ソリューション)を提供することができればいいのです。



◎ 商品はあなたの頭の中にある

あなたが精通している専門知識や経験、ノウハウ等の情報が商品です。
情報起業家の商品はあなたの頭の中で、無尽蔵に作ることができます。

あなたのアイデアがお金に変わるのです。


★あなたも富に変わる1冊の本を持っている★

NHKで放送開始されたドラマ「ドリーム(副題:「90日で1億円」)」の原作者の一人、
ロバートアレンは、誰でも自分の中に1冊の本を持っていると言います。

「誰でも自分の中に "1冊の優れた本"を抱えている」というのが、私の持論です。
あなたの頭の中には今、すでに一生続く収入の流れに変えるだけの十分な情報と経験が存在しています。
適切な宣伝さえ行えば、あなたの本は情報帝国への基礎と なるはずです。情報帝国が大げさなら、最低でも
あなたとあなたの家族を支えるだけ の収入の流れと言っておきましょうか。
NHKドラマドリーム http://www.nhk.or.jp/23renzoku/より)

あなたも、あなたの頭の中にあるたった1冊の本から一生続く収入の流れを
つくることができるのです。

※ ロバートアレンの「億万長者入門(フォレスト出版)」や「「実践敵オンラインマネー獲得法(東急エージェンシー)」には、インフォプレナーのビジネスモデが詳しく紹介されています。
ぜひ参考にされたい。
  ★ロバート・アレンの実践億万長者入門(フォレスト出版)
  
★実践的オンラインマネー獲得(東急エージェンシー)


◎小さな会社ほどNo.1になれる

スモールマーケットを相手に商売をする情報ビジネスは、「一人勝ちモデル」です。
ある特定分野の専門ノウハウが商品ですので、個人でも大企業と互角に勝負できますし、
世界を相手にビジネスを展開できます。

小さな会社であるほど、日本一、世界一になることも可能なのです。
スモールでも、大企業に打ち勝つことができる。

 起業している方や中小企業の方は、商品やサービスを「情報ビジネス」へ転換できないか、ぜひ検討しましょう。


◎小さく始めよう

あなたの仕事、趣味、特技、大好きなこと等の「専門情報」を
  ・適切なお客に
  ・適切な方法で
  ・適切なタイミングで
小さく売ることから始めてください。
売れる仕組みをテストして独立していくことが、失敗しない秘訣です。 

◎自己投資して先人より学べ

あなたが情報ビジネスで成功したいならば、既に情報ビジネスを始めて成功している人から
自己投資して学ぶことです。 

その方が時間の節約になります。

彼らは、莫大な時間と資金を投下して、
・ 何がうまくいくのか
・ 何がうまくいかないか
・ 何が成功の方程式なのか
・ 役に立つツールは何か
などのノウハウを身に付けているだけでなく、あなたを成功に導く「ネットワーク」を持っています。

私自身も、たくさんの本(洋書含む)を読んでいるだけでなく、カセットテープやビデオを購入したり、
セミナーに参加したり、様々な専門家に会ったりして、自分の専門性を高めています。
(私は年収の5%を軽く超える金額を毎年自己投資しています)

インターネットを使えば、無料情報がたくさんありますが、やはり無料は無料の価値しかありません。
参考にならないものが多い。
調べたり使いこなせるようになるまでに時間がかかりすぎるのが問題です。
※とても非効率なのが問題です。

日本はそもそも情報の価値が低すぎます。
何でもかんでもタダで手に入れようとする風潮が強すぎます。

私はアメリカに行って著名コンサルタントのプライベートセミナーを受けたことがありますが、
その金額は百万円を超えます。

実際にアメリカで成功しているインフォプレナー達は、3日間で150万円もする高額なセミナーに
参加するなどして自己投資しているのです。

子供の塾代にはたくさんお金を使いますよね。
今流行りの社会人大学院や専門学校に行っても、年に百万円単位でお金がかかります。

同様に、情報ビジネスで成功したければ、まず自分に投資するべきです。
自分にお金を投資できる人ほど、成功できるのです。

「知識への投資は、つねに最高の利益をもたらす(ベンジャミン・フランクリン)」

※情報起業に興味がある方は、ぜひこの本を読んで下さい。
「情報起業」ブームを作り出した本です。

おかげさまで、3刷りとなりました。(売れ続けています)是非読んでみて下さい。
   ↓↓
『会社を辞めずに億万長者!「情報起業家」入門』(インデックスコミュニケーションズ)