ディズニー映画「アナと雪の女王」をぜひ観よう。たくさんの学びがある。

こんにちは牧野真です。
いいおっさんなのにディズニー映画「アナと雪の女王」にはまっています。
ストーリーは単純なんですが、魅力溢れる映画だからですね。

先日から始まった3D日本語吹き替え版をさっそく見てきました。
やはり3Dは迫力があっていいです。

実は、この映画を観るのはこれで2回目。 その前は2D(日本語)を観ました。
同じ映画を2回も(しかもアニメを)観るとは自分でもびっくりです。
初めての経験。

エルサが過去の束縛を捨ててLet It Goを歌い上げる場面は、感動的。
なぜか涙が出てくる。彼女の心情が理解できるからですね。

雪の女王のエルサは、本来は悪役として想定されていたらしいですが、
この歌(英語版)をプロデューサーが聞いて、キャラクターを変えたと
いう記事が出ていました。

歌の力はほんとうにすごい。

 

それにしても、エルサ役の松たか子さんの声(歌)は、本当に素晴らしい。
エルサそのものが歌っているようだ。

英語の歌詞(口の動き)に合わせて、日本語訳の歌詞を作ったそうですが、
この歌に引きこまれたのは、そんなテクニックだけでは語れないものがある。

この歌(ありのままで)が「頭の中でぐるぐる回っている」と表現する人が多いですが
その気持ちがよく分かります。

さらに、松さんの「凛とした声」が多くの人に共感されていると思う。

 

また、アナ役の神田沙也加さんの歌「生まれてはじめて」も、とてもいいんだよね。
彼女がこんなに歌唱力があるとは思ってもみなかった。
キャラクターも合ってる。
※彼女の功績はとても大きいのですよ。

 

 

アナの「雪だるまつくろう」を歌うシーンは、何度見ても、とても切ない。

姉のエルサは、妹の気持ちに(本当は応えたいのに)答えてあげられないから。
※これがこの映画の隠れたテーマの一つ。
(残念ながらyoutubeでは公開不可みたいです。)

なぜこんなにヒットしたのかを分析するのも必要ですが、 まずは観に行きましょう。
自分で体験するのが重要です。

ところで、ディズニーの戦略で驚異的なのは、世界中で「※ボイスコントロール」
していること。(※私が勝手に名づけた言葉)

下の25か国バージョン動画をぜひ聞いてください。

松たか子さんの日本語歌がメチャ上手く感じますが、よその国の歌も同様にぐっときます。

本国(英語版)の歌手と音質が似た声優兼歌手を他の国で採用しているのが分かる。
声を選ぶ基準があるのです。
その具体的な内容がこの間、アナウンスされました

エンドソングのMay J.さんの歌がまた素晴らしい。
映画の本編が終わり、「歌唱力抜群の歌手」が早いテンポでLet It Goを歌っているのが、
またいいんだよ。
(このエンディング歌手フォーマットは世界共通)

※ビジネスで学ぶべき点は、ディズニーの成功フォーマット(戦略)。

ストーリーが単純だとか、内容に深みがない、などの評価しても意味がない。
僕らビジネスマン(マーケター)は、ヒットの構造を探る(推察する)のが重要。

多くの聴衆がなぜこの映画に感動したのか?
その理由は何なのか?
アメリカと日本のマーケティングに何が違うのか?

そのようなことを追求する価値のある映画です。

実践メルマガではアナ雪を題材にしてもっと具体的ことを紹介しました。
興味ある方はぜひ登録ください(登録無料)

※追記
売上が150億を超えてメガヒット作となった現在、初期の客層とその後の客層は全く違う。(2014/0510)

<参考情報>
「この曲についてはディレクターから、観客が自分と重ねて聴けるような訳詞にしてほしいというリクエストがありました。自分に自信が持てずにいる方、ありのままの自分が好きになれずに悩んでいる方は多くいらっしゃると思います。そんな方たちが、エルサの歌を聴いて勇気づけられるようにという制作者の願いがこめられています。聴く人に希望を届け、聴く人を励ますことのできる歌だと思います」と曲の魅力を語った。
詳しくはこちら(アナと雪の女王 : 「ありのままの…」名訳誕生秘話 翻訳者に聞く)

 

主人公の2人に求められる声は⇒
「アナに関しては、高くて澄んでいて早口で元気な滑らかな声。正直で希望に満ちあふれた影のない感じですね。エルサは、アナよりも少し低く澄んでいるが鋭さもある声。落ち着いた感じですが少し影がある深みのある感じです」。(ディズニー・キャラクター・ボイス・インターナショナルの河村貴光氏)

 

「この10年、国内の映画鑑賞者はシニアの増加が目立っており、逆に若者が減少。その割合は逆転していたという。しかし、今回の『アナと雪の女王』の主要な鑑賞者は、10代の女の子。若い人が劇場に足を運び、映画館で大きな感動を味わう機会をもたらしたことは、映画業界の将来にとって大きい。」
映画館に再び活気? 『アナと雪の女王』が与える影響/映画マーケティング・分析会社「GEM Partners」

 

 

 

(Visited 62 times, 1 visits today)