OnlyFans(オンリーファンズ)の性的表現規制の問題点とは? 代替プラットフォームの誕生が期待される。

2021/08/20気になるニュース,稼ぎの法則,Twitter(ツイッター)


OnlyFansが性的表現(映像)を10月から禁止

牧野真です。

本日、海外を含む日本のネット界に大きな衝撃を与えたニュースが出ました。
(ブルームバーグの記事は日本語訳も下に載せました)

OnlyFans to Bar Sexually Explicit Videos Starting in October
OnlyFansが露骨な性的映像を10月から禁止することにした、というもの。

■追記(2021年8月27日)
OnlyFans(オンリーファンズ)の表現規制は、一時的に中止になったようです。

利用者1億3千万人の巨大SNSプラットフォーム

オンリーファンズは、コンテンツ提供者(クリエーター)とファンをつなぐソーシャルメディア。海外では著名なセレブも多数参加しており、利用者は何と1億3千万人。

<オンリーファン管理画面>

 

 

クリエーター事例(インフルエンサー)

オンリーファンズのクリエーターは100万人いると言われています。

オンリーファンズに進出し、「わずか24時間で100万ドル(約1億円)稼いだ記録を作った」と言われる元ディズニー・スター女優のBella Thorne(ベラ・ソーン)。

ベラのインスタはこちら(冒頭の映像に注意。ちょっと扇動的、まぁ水着なんですけど。)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BELLA(@bellathorne)がシェアした投稿

セックスワーカー等が利用する社会インフラ

大きな特徴はアダルト系SNSと呼ばれるように、性的表現を規制しておらず、ミュージシャン、オンラインインフルエンサー以外にも、セックスワーカーが生活の糧を稼ぐことができるSNSとして人気が高い。

日本人も、セクシャリティをウリにする人たちの多くが活動しています。(YouTubeでホワイトな表現を見せて、オンリーファンズでは、もっと過激な映像を見せるなどして、課金して稼ぐ)

中には、世界ランキング入りする若い日本人女性もいるとか。※英語圏のサイトなのに、積極的に利用している日本のクリエーターはすごいと思います。

彼らの収入源消滅の危機

大きな問題は、社会的弱者であるセックスワーカーの人達(世界中に大勢いる)の、大切な収入源が消滅すること。

単なる規制問題だけでは済まされないのです。本日のTwittrerでは、オンリーファンズに依存するクリエーターから、撤退告知(継続課金中止のお願い)だけでなく、大事な収入がなくなることを嘆く声があがっていました。

付き合いのある金融機関などの要求(圧力)で、表現規制するようになったみたいですが、上場絡みという説もあります。

興味深い記事は、「オンリーファンズ社のアダルトからの離脱は、暗号資産決済にとって大きなチャンスになる」というもの(techcrunch)。

一般的には、アダルトサイトと暗号資産(仮想通貨)は親和性が高いとみなされていますが(※牧野注釈:Paypal、Visa、Mastercard等の大手決済会社は、アダルト関連サイトの決済サービスを中止する傾向が強まっており、その隙間を狙って、暗号資産会社が食い込んできているため)、この記事はその逆の視点で書かれている

今後、オンリーファンズに代わる新しい大型プラットフォームが誕生する可能性が高いですが、立場の弱い人たちにとって、お金を稼ぎやすく、かつ安全なワールドワイドなインフラが出てきてほしいと思います。

日本国内インフラだとファンの数が限られて収入が少なくなる懸念あり。ワールドワイドなSNSだとファンの広がりが期待できる。

※表現の規制内容は、随時変わると思いますので、関心ある方は、オンリーファンズの公式サイトにアクセスして確かめてください。

この投稿の主張部分を英訳しておきます。世界中の人に読んでほしいため(By 牧野真)
↓↓


What are the problems with OnlyFans’ restrictions on sexual expression?


The big problem is the disappearance of important sources of income for vulnerable sex workers (many around the world).

It’s not just about regulatory issues. At today’s Twittrer, creators who depend on only fans have voiced not only a notice of withdrawal (request to stop continuous billing) but also lamenting that important income will be lost.

It seems that the expression is regulated at the request (pressure) of financial institutions with whom we have a relationship, but there is also a theory that it is related to listing.

Interestingly, there is also an article (techcrunch) that “only fan’s departure from adults is a great opportunity for crypto asset settlement." In general, I think that adult sites and cryptocurrencies have a high affinity, but they are written from the opposite perspective.

There is a high possibility that a new large-scale platform will be born to replace Onlyfans in the future, but I hope that for those in a weak position, a worldwide infrastructure that is easy to make money and safe will emerge. (There is a concern that the number of fans will be limited and income will decrease if it is infrastructure in Japan. You can expect the spread of fans if it is a worldwide SNS.)

I think that the regulation content of expression will change from time to time, so those who are interested Please visit the official website of OnlyFans to check. (Makoto Makino wrote)

<参考>

OnlyFansは、イギリスのロンドンに拠点を置くソーシャルメディアサービス。携帯機器からアクセスすることができる。クリエイターは、自分の登録者または「ファン」専用のコンテンツを提供することができる。 このプラットフォームはTwitterのビジネスモデルを模倣している。(出典:ウキペディア)

ブルームバーク記事の訳を付けておきます。
↓↓

OnlyFansは10月から露骨な性的描写の映像を禁止にする

OnlyFansは、ポルノビジネスから撤退します。

オンリーファンズは10月より、多くのセックスワーカーがファン向けの露骨なコンテンツを販売するために利用しているウェブサイトに、クリエイターが性的な行為を含む素材を掲載することを禁止することになりました。ただし、OnlyFansのポリシーに沿ったものであれば、ヌード写真やビデオを掲載することは可能だと、同社は木曜日に発表した。

オンリーファンズは、セックスワーカー、ミュージシャン、オンラインインフルエンサーなどが、写真やビデオなどのコンテンツをファンに独占的に提供するために利用していたことから、パンデミックの際に爆発的な人気を博しました。OnlyFansのユーザー数は1億3000万人を超えています。

OnlyFansは、セックスワーカーというよりも、ミュージシャン、フィットネスインストラクター、シェフなどのフォーラムとして位置づけられています。OnlyFansの人気クリエイターの多くは、自らが性的な行為をしている動画を投稿していますが、ベラ・ソーン、カーディ・B、タイガなどの主流のセレブもアカウントを開設しています。

同社によると、今回の変更は、銀行のパートナーや決済プロバイダーからの圧力が強まっているために必要となったとのことです。 OnlyFansは、10億ドル以上の評価額で外部の投資家から資金を調達しようとしています。

OnlyFansは、「当社のプラットフォームの長期的な持続性を確保し、クリエイターとファンの包括的なコミュニティをホストし続けるためには、当社のコンテンツガイドラインを進化させる必要があります」と述べています。同社は、創業者のTim Stokely氏が経営し、インターネット起業家のLeonid Radvinsky氏が所有しています。

同社は、セックスワーカーがより安全な場所で仕事ができるようになったと評価されています。しかし、セックスワークにはまだ汚名がつきまとっています。同社は昨年、20億ドル以上の売上を計上し、今年はその2倍以上の売上を計上する勢いです。オンリーファンズは、そのうちの20%を保有しています。

同社は、新しい方針については、後日、より詳細なガイダンスを提供すると述べています。

このニュースは、OnlyFansを頼りにしてきたセックスワーカーの一部を失望させた。ダラスに住む30歳のSilfyさんは実名を明かさなかったが、数年前からOnlyFansへの投稿を始め、このサイトを頼りに生活をしている。

彼女は初期の頃、会社のためにいくつかのブログを書き、ストークリーと話をしたこともあった。しかしこの1年、彼女はOnlyFansがセックスワークから他のタイプのオンライン・クリエーターに焦点を当てていることに気づきました。

今年初め、OnlyFansは、トップクリエイターの多くをフィーチャーした新しいアプリを発表しましたが、そこにはヌードは一切含まれていませんでした。

「すべてのプロモ(注:プロモーションのこと/by 牧野)を見ると、私たちのことはまったく宣伝されていません」とSilfyは言います。"セックスワークをしている人たちを宣伝するのが激減していることに気づきました。"

ブルームバーグ記事の原文はこちら
↓↓

OnlyFans to Bar Sexually Explicit Videos Starting in October

OnlyFans is getting out of the pornography business.

Starting in October, the company will prohibit creators from posting material with sexually explicit conduct on its website, which many sex workers use to sell fans explicit content. They’ll still be allowed to put up nude photos and videos, provided they’re consistent with OnlyFans’ policy, the company said Thursday.

The popularity of the social-media service exploded during the pandemic as sex workers, musicians and online influencers used it to charge fans for exclusive access to photos, videos and other material. OnlyFans has attracted more than 130 million users.

That popularity also brought with it additional scrutiny, and OnlyFans is positioning itself more as a forum for musicians, fitness instructors and chefs than sex workers. While many of its most-popular creators post videos of themselves engaging in sexual behavior, several mainstream celebrities like Bella Thorne, Cardi B and Tyga have also set up accounts.

The changes are needed because of mounting pressure from banking partners and payment providers, according to the company. OnlyFans is trying to raise money from outside investors at a valuation of more than $1 billion.

“In order to ensure the long-term sustainability of our platform, and continue to host an inclusive community of creators and fans, we must evolve our content guidelines,” OnlyFans said. The company is run by its founder, Tim Stokely, and owned by Leonid Radvinsky, an internet entrepreneur.

The company has been praised for giving sex workers a safer place to do their jobs. But sex work still has a stigma. The company handled more than $2 billion in sales last year and is on pace to generate more than double that this year. It keeps 20% of that figure.OnlyFans said said it will provide more guidance on its new policy at a later date.

The news disappointed some of the sex workers who’ve come to rely on OnlyFans. Silfy, a 30-year-old from Dallas who declined to provide her real name, began posting to OnlyFans a few years ago and relies on the site to pay her bills.

She wrote a few blogs for the company in its early days, and even spoke with Stokely. But over the past year, she noticed the company shifting its focus away from sex work and more toward other types of online creators, aping a similar move at the company Patreon.

Earlier this year, OnlyFans introduced a new app that features many of its top creators, but doesn’t include any nudity.

“If you look at all the promos, they don’t promote us at all,” Silfy said. “I noticed a huge drop in them promoting people who did sex work.”

source/Bloomberg.com)

 

 

牧野真のメルマガ(ニュースレター)が読めます
まぐまぐやブログに書いていないビジネス成功のヒントや、新しい稼ぎ方を配信します。一緒にスキルアップを目指していきましょう!
解除はいつでもできます (読者2000名突破)

(Visited 147 times, 1 visits today)