ビルゲイツの予言:コロナのパンデミックは来年には終息に向かう 

気になるニュース,トピック

ビル・ゲイツはコロナのパンデミック(世界的大流行)は来年(2022年)には終息に向かいインフルエンザ並みに低下するだろうと予測しています。ゲイツは、コロナがインフルエンザより約10倍致命的だが、ワクチンと抗ウイルス剤がこの数値を50%減らすことができると推算しているようです。あなたはこのゲイツの予言をどうとらえてどのように行動しますか?

■COVID-19のパンデミックの終息がようやく見えてきたと私が期待する理由

前回の年末の記事で、「2021年は2020年に比べて良くなった」と振り返ることができるのではないかと書きました。何十億人もの人々がCOVID-19の予防接種を受け、世界はいくらか正常に近づいているが、私が期待したほど劇的な改善は見られていません。2021年には、2020年よりも多くの人がCOVIDで死亡しています。もしあなたが、過去1年間に愛する人をウイルスで亡くした数百万人のうちの1人なら、今年が昨年より良い年だとは思わないでしょう。デルタ変種とワクチン摂取の課題のために、私たちは今までに私が期待したほどにはパンデミックの終焉に近づいていません。

私は、このような感染力の強い亜種が登場することを予見していませんでしたし、ワクチンの摂取とマスクの使用を継続するよう人々を説得することがどれほど大変なことか、過小評価していたのです。しかし、ようやく終わりが見えてきたと、私は希望を持っています。もう1回予測するのは愚かかもしれませんが、2022年にはパンデミックの急性期(症状が急に現れる時期)が終わると思っています。(https://www.gatesnotes.com/About-Bill-Gates/Year-in-Review-2021)※訳は牧野が一部加筆

https://news.yahoo.co.jp/articles/5bd568f0342173a5fbf0f1aa6089577983e1b0b7

(Visited 232 times, 1 visits today)