執筆を頑張りたい時は、ENYAの音楽を聴きたい

情報発信ノウハウ,SNS

今度出版するアマゾンKindle本(電子書籍)の執筆が遅れて焦っています。(締め切りはないけど)

進まない理由は単純で、毎日やることがたくさんあったから。
それと、途中で指を痛めたのも大きい。すごく痛くて病院行ったら腱鞘炎だった。(自己弁護ですが)

6月より平日の日中は、レギュラーワークが入ったので、執筆する時間は平日の夜か休日しかなくなりました。

来月(6月)には出版したい

初めてのKindle本は、本当は5月には出版したかったのに、6月の出版にずれ込むのは間違いなし。

前にダイヤモンド社などから紙の本を出していた時は、サラリーマンの仕事をしながら、執筆は遅い時間にやっていた。

紙の本は分量は200ページ強(10万文字)くらいあるので、執筆作業は長いと半年くらいかかったりする。(編集者とのやり取り含む)

かなりの長丁場です。

また、平日の夜や休日にがんばって、執筆するしかないですね。

こういう時は、私は好きなENYAを聴いて、モチベーション上げるようにしています。
(noteの執筆効率アップに生かせるはず)

パソコンで音楽聴くなら、BOSEスピーカーを使うといいですよ。
コンパクトサイズなのに、すごくいい音、出るので。

私は毎回パソコンにつないで聴いてます。

https://youtu.be/wjVD3RFph-M

ENYAの音楽がいいなと思ったのは、ジェームス・スキナー氏の「成功の9ステップセミナー」に参加した時だと思う。

セミナーの休憩時間に、いつもかかっていた。

ENYAの音楽は、心を落ち着かせる(鎮静)効果だけでなく、気分を高揚させる(抑揚)効果もあるように思う。

鎮静と抑揚効果を持つのは「タバコ」と同じです。(この効用、知ってましたか?)

だから、タバコはなかなか禁煙できないのです。
(この話は別の機会に)

分量は1.5万文字超えるか?(Kindle本)

今度のKindle本は、目次構成はほぼできていて、それに沿って本文を書いていますが、なぜか「始めに」を書き直ししてしまう。

いかん、いかん、このやり方では前に進まないではないか。

本来は、一気に最後まで書いて、書き直すのが効率的な書き方です。

Kindle本は紙の本に比べ分量少ないので、そんなに時間がかからない。

今回は読者のために、ある程度の情報を入れたいです。

内容によっては、分量は1.5万文字超える可能性ありますね。

(Visited 6 times, 1 visits today)