過去のニュースレター(見本抜粋)

いつもありがとうございます。

こんにちは、牧野真です。

本日のお題は、今、大ヒットしているディズニー映画「アナと雪の女王」に

ついてです。

あなたは既にご覧になりましたか?

この映画はたくさんの学びがあるので、一度は観た方がいいです。

ビジネスとしての学びもさることながら、単純に面白いので、家族や

恋人を誘ってぜひ行ってみてください。

(一人でもOKです)

まぐまぐのメルマガには書きましたが、私は実は「アナ雪」は2回観ています。

■間違いだらけのマーケティング<サルでも儲かる新法則>

http://www.mag2.com/m/0000108039.htm

1回目が2D(日本語訳)で、2回目が3D(日本語訳)。

機会があれば、今度は英語版を観たいと思っています。

主人公のエルサ(松たか子)が主題歌のLet It Go(ありのままに)を

歌い上げるシーンは、何度見ても、感動的です。

みんながこの歌にハマるのが分かる。

そして、訳がよくできている。

(日本語訳の方がやはり理解しやすい)

ご存知の方もいるかもしれませんが、歌の日本語訳は、英語版の口の動きに

合わせて、翻訳がされています。

そこまでこだわって訳がされている。

この映画の細かいエピソードについては、公式サイトに書いていますので、

時間がある時にでも、見てください。

(動画もいくつか貼ってます、翻訳者の話なども紹介。)

■牧野真の公式サイト(アナと雪の女王はぜひ観に行こう)

  ↓↓

http://1speedmarketing.com/frozen.html

公式サイトにもその動画を載せましたが、Let It Goの「25か国バージョン」を

ぜひ聞いてください。

ビックリすると思います。

松たか子さんの日本語歌がメチャ上手い、といったことだけじゃなくて、

あることに気が付くはず。

私はこの動画を見て、ディズニーの驚異的な世界戦略(ちょっと大袈裟)を

学びました。

私が●●と呼んでいるものです。(※私が勝手に名づけた言葉)

 

だから、松たか子(姉のエルサ役)と神田沙也加(妹のアナ訳)が日本で起用された。

きっちりとした戦略がある。

 

つい先日、二人を起用した理由がディズニーサイドから公表されました。

起用ポイントが私が想像していたより、もっと細かかった。

さて、ビジネス上の学びはそれだけではありません。

 

この映画は、マーケティング戦略において、日本とアメリカでは少し違った点が

あることもアナウンスされています。

●●が番うんだね。

ここ、すごい重要。

(Visited 1 times, 1 visits today)